Music For Brands, Made For People.

We find, clear or produce it.

Get in touch

OUR HAPPY CLIENTS

MUSIC FOR PROJECTS AWARDED AT

MUSIC SEARCHES

Whatever the vision, our dedicated music supervision teamis on hand to offer an expert music strategy and ideas. Our extensive music network pinpoints the ideal music for your project. We have links with independent and major labels and publishers, as well as emerging artists and composers, and can find the right match for (almost) any project. More

SONG CLEARANCE

Clearing music rights can be very complex, which is why it is important to have an experienced team of music supervisors. We negotiate, clear and license songs every day. We handle all the technicalities of the clearance, approval and contracting process. More

ORIGINAL COMPOSITION

Some films require something tailor made. Our award-winning production team is here to help! We have identified the best artists and producers across the globe and have a specialist for any genre or sound. More

GET IN TOUCH

Whatever the music your project needs, we can help. Don’t hesitate to contact us via phone or email and we can start the search straight away. More

You are an artist, label or publisher?

SIGN UP HERE AND CHECK OUR LATEST MUSIC REQUESTS Sign up

Tracks & FieldsGo to Blog  
Blog

A Time for New Bedroom Hymns

March 19, 2020

Bag thrown on bed, Spotify turned on. It’s fair to say that most of us have songs we like to wind down to when we come home. Although Florence Welch has a particularly theatrical turn of phrase, these songs do become our “Bedroom Hymns” with which we pass time.   

read more …

日清カップヌードル × ベルリンフィルハーモニー

September 2, 2020

日清食品の人気商品「カップヌードル」の新商品に向けたプロジェクトは、SNS上で話題となった「地下鉄ポルカ(Subway Polka)」という動画に着想を得た企画でした。

この「地下鉄ポルカ」はベルリンフィルハーモニーのホルン奏者であるKlaus Wallendorf さんを中心としたホルンカルテットによる、東京の地下鉄の駅名について歌った楽曲で、日本人でも難しいほど早口で歌っており、音楽のプロフェッショナルによるそのシュールさが話題となりました。その動画がこちら:

今回のプロジェクトでは、この「地下鉄ポルカ」をベースにした替え歌「まちがいないうた」を軸とした企画でした。問題はCMにこの替え歌を使用できるのか、そして Klaus さん本人に替え歌の歌唱をしてもらえるかどうかでした。その許諾を確認するために制作チームは日本からベルリンフィルハーモニーに連絡を試みましたが、日本からはなかなか Klaus さんにたどり着くことができませんでした。そこでベルリンに拠点を持つ私たちに相談があり、私たちは翌日には Klaus さんに連絡を取ることができました。そして私たちはライセンス及びご本人の歌唱について交渉し、短い期間で承諾を得ることができました。日本からの交渉ではさらに時間もかかり、交渉も難しかったでしょう。

次の問題はどのようにレコーディングを進めるかでした。私たちは連携を取り、事前にKlausさんに歌詞を送り、歌唱練習をしてもらった上でレコーディングに臨みました。レコーディングは東京・ベルリン・フランクフルトの3拠点をつないで実施しました。東京にはディレクター、ベルリンには弊社のプロデューサー村上、フランクフルトにはKlausさんとレコーディングスタッフがいました。ディレクターが指示、村上が通訳し、Klausさんに伝えて歌ってもらう流れを何度も試行錯誤し、約2時間のレコーディングで素晴らしい内容を得られました。

レコーディングの様子

その後私たちはKlausさんともスムーズに契約を結び、作品のローンチまで余裕を持った進行ができました。

またこの企画がKlausさんあっての企画だったということもあり、Klausさんをボーカルに迎えることができたのは作品にとって最善の結果でした。最終的な作品がこちらです:

今回のプロジェクトでは、ベルリンに拠点を置きヨーロッパ各地にネットワークを持っているTracks & Fieldsの強みを最大限活かすことができました。海外とのやりとりに立ち止まってしまっている状況があれば、是非一度弊社にご相談ください。

Klaus Wallendorf:ホルン奏者、作詞作曲家。1980年よりベルリンフィルハーモニーのメンバーとして活躍。演奏者としての実力もさることながら、その気さくなキャラクターからベルリン・フィルのシネマライブやコンサートエンターテイメントの進行役としても人気を得ている。2016年には、日本を代表する指揮者・小澤征爾氏がベルリン・フィル名誉団員の称号を授与された際、小澤氏の前にて自身でプロデュースした東京の地下鉄の駅名を歌った楽曲「地下鉄ポルカ(Subway Polka)」を披露。