Nissin “Cup Noodle” collaborates with Berlin Philharmonie // 日清カップヌードル × ベルリンフィルハーモニー

The inspiration for the campaign for Nissin’s new flavour of their hit “Cup Noodle” product was the song “Subway Polka” created by the Berlin Philharmonie. “Subway Polka” is performed by a horn quartet directed by Klaus Wallendorf.

日清食品の人気商品「カップヌードル」の新商品に向けたプロジェクトは、SNS上で話題となった「地下鉄ポルカ(Subway Polka)」という動画に着想を得た企画でした。

They are singing about a subway in Tokyo, and it’s too fast even in Japanese. Japanese people find it very funny and the video went viral in Japan. Here is the video

この「地下鉄ポルカ」はベルリンフィルハーモニーのホルン奏者であるKlaus Wallendorf さんを中心としたホルンカルテットによる、東京の地下鉄の駅名について歌った楽曲で、日本人でも難しいほど早口で歌っており、音楽のプロフェッショナルによるそのシュールさが話題となりました。その動画がこちら:

This project was based on a parody of “Subway Polka” called “Machigainai-Uta (No Doubt Song)”. Our key challenge was getting permission to use the “Subway Polka” melody for the parody and persuading Klaus to sing on the parody. Although the production company tried to contact Klaus themselves to get the necessary approvals, they were not able to get in touch with him. At this point, they asked for our help and we were able to reach him the next day. We negotiated the terms and confirmed within a short period of time. It would have taken much longer and been more difficult for the production company to negotiate from Japan.

今回のプロジェクトでは、この「地下鉄ポルカ」をベースにした替え歌「まちがいないうた」を軸とした企画でした。問題はCMにこの替え歌を使用できるのか、そして Klaus さん本人に替え歌の歌唱をしてもらえるかどうかでした。その許諾を確認するために制作チームは日本からベルリンフィルハーモニーに連絡を試みましたが、日本からはなかなか Klaus さんにたどり着くことができませんでした。そこでベルリンに拠点を持つ私たちに相談があり、私たちは翌日には Klaus さんに連絡を取ることができました。そして私たちはライセンス及びご本人の歌唱について交渉し、短い期間で承諾を得ることができました。日本からの交渉ではさらに時間もかかり、交渉も難しかったでしょう。

Our next issue was how to record his vocal. We sent the lyrics to him in advance so that he could prepare. The recording was then carried out across 3 cities: Tokyo, Berlin and Frankfurt. The director was in Tokyo, Anna the producer from Tracks & Fields was in Berlin, and Klaus and the recording engineer were in Frankfurt. We tried recording by having the director give his suggestions and directions first, Anna translating, and Klaus then singing take after take based on the director’s feedback. After 2 hours we were finished and everyone was happy with the result.

次の問題はどのようにレコーディングを進めるかでした。私たちは連携を取り、事前にKlausさんに歌詞を送り、歌唱練習をしてもらった上でレコーディングに臨みました。レコーディングは東京・ベルリン・フランクフルトの3拠点をつないで実施しました。東京にはディレクター、ベルリンには弊社のプロデューサー村上、フランクフルトにはKlausさんとレコーディングスタッフがいました。ディレクターが指示、村上が通訳し、Klausさんに伝えて歌ってもらう流れを何度も試行錯誤し、約2時間のレコーディングで素晴らしい内容を得られました。

レコーディングの様子

In the end, we had plenty of time until the campaign launched as everything with Klaus went so smoothly. The most successful element of this project was having him perform the vocals. Here is the final edit.

その後私たちはKlausさんともスムーズに契約を結び、作品のローンチまで余裕を持った進行ができました。

またこの企画がKlausさんあっての企画だったということもあり、Klausさんをボーカルに迎えることができたのは作品にとって最善の結果でした。最終的な作品がこちらです:

We were able to play to our strengths of being Berlin based and having a global network in Europe. Please feel free to ask us if you need our help.

今回のプロジェクトでは、ベルリンに拠点を置きヨーロッパ各地にネットワークを持っているTracks & Fieldsの強みを最大限活かすことができました。海外とのやりとりに立ち止まってしまっている状況があれば、是非一度弊社にご相談ください。

Klaus Wallendorf:ホルン奏者、作詞作曲家。1980年よりベルリンフィルハーモニーのメンバーとして活躍。演奏者としての実力もさることながら、その気さくなキャラクターからベルリン・フィルのシネマライブやコンサートエンターテイメントの進行役としても人気を得ている。2016年には、日本を代表する指揮者・小澤征爾氏がベルリン・フィル名誉団員の称号を授与された際、小澤氏の前にて自身でプロデュースした東京の地下鉄の駅名を歌った楽曲「地下鉄ポルカ(Subway Polka)」を披露。

You may also like...